シジルの作成~基本のシジル~(別記:参考用画像)

今すぐできる!シジルマジック~基本のシジル~

ステップ3:望む現実の文字を用いてシジルを作成するを、参考画像とともに記す。

これは、あくまでもノニクの、今回のシジルの過程だ。

その時々で、描き方は変わる。

描き方にルールはない

ルールはないが、注意すべき点がひとつある。

それは、

もとの文(望む現実の疑問文)の意味を連想できないものにすることだ。

願望のビジュアル化ではあるが、完成したシジルからその願望が見えてしまうのはいただけない。恋の成就が望みだとわかるハートマークがあってはダメなのである。

(願望を故意に残すシジルマジックのやり方もあるが、ここではなしで)

それをふまえて、望む現実の疑問文を口にしながら、ある意味適当に、ペンを動かせばOKである。

まず、紙と書くものを用意する。下書きなので、何でもいい。

私は、コピー用紙にシャープペンを使用。

(見やすいように、後でペンでなぞっている。)

最初に、紙の上のほうにシジルに使うアルファベット…

今すぐできる!シジルマジック~基本のシジル~

の「ステップ2:望む現実の文を文字にする」で残った文字列…を書いておいた。

では、ここからは一応番号をつけるので、流れを見て、君のシジル作成の参考に。

1.手始めに、AOUYESNBGHMKR すべてのアルファベットをまとめて描いた。

それぞれの文字の場所。

2.細長い楕円っぽく。まだまだ。

3.線を出してみたが、気に入らない。

4.さらに気に入らない。

5.まるを出してみた。んー。

6.逆にして、まるを入れ、線も整えた。

7.下の曲線をちょっと四角く。

8.まるを下に、ナナメ線を上に。

9.まるをなくした。外の線が手みたいでいやだな。

10.まる復活。だが…はねつきの羽みたいで気に入らない。

11.線を変えた。あーなんかいやだこれ。

12.ひっくり返して、線も変えてと。お! いいね、これ。

これにしよう。

13.紙面全体はこんな感じ。

スペースがなくなり段々小さくなっていった。最後の12は紙の上下を逆にして描いた。

14.決定したシジルを新しい紙に描く。これは実際に使うもの。線の先っちょに小さなまるを足す。飾りだ。

私はコピー用紙だが、好きな紙に、好きな大きさで描いていい。

15・シジルを円で囲んだ。

シジル完成!

今回のシジルはかくかくしたシャープなものになったが、曲線の多いまるっぽいシジルになることもある。

円で囲むのは、嫌でなければおすすめである。

円の内側は神聖な場所というし、何よりシジルっぽくなるのだ。

慣れてくると、10分足らずでシジルの形はできあがるようになる。実際に使うシジルは、雑に描かれたものよりキレイなもののほうが気分ものるので、ていねいに描くといいだろう。

今回のシジルは基本的なもの。望む現実のシジルだけを描いたシジルである。

これに、望みに合った惑星などのシンボル&シジル、マジカルスクエアを用いたシジル、自分の名前を表す文字などを加え、より複雑なシジルを作成することもできる。

それらも手引きしていくので、ぜひうまく使用してほしい。

※ 画像を見やすいものに変更しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※ このサイト内の情報は、サイト独自の見解であり、その正確性や確実性、および正当性を100%保障するものではありません。


ブログランキング