タリスマン&アミュレット(護符魔術)

前回、マジックスクエア~7つの天体に対応する魔方陣~ に記したように、タリスマン・アミュレットは護符と呼ばれるものと同様、自身のパワーアップ目的や守護目的として身につけるアイテムである。

マジックスクエアのタリスマン・アミュレットの前に、まずは、タリスマン・アミュレットについて記す。

お守りのパワー

さて、君はこれまで生きてきた中で『お守り』というものを持った経験はあるだろうか。

子どもの頃に親がランドセルに忍ばせてくれたお守り。

車につけた交通安全のお守り

自身の能力を引き出すパワーストーンのブレスレット。

初詣で購入した身代わり札。

家内安全、縁結び、合格祈願…など。

お札の形をしていてもしていなくても、紙でも木片でも石でも、お守りとしてのアイテムなら何だとしても、だ。

持ったことがある者は、大なり小なりその物体に宿るパワーを信じているのだと思う。

それは、何を根拠にだろうか。

いや、言い方を変えよう。

お守りに宿るパワーを信じているならば、そのパワーは誰がそこに込めた(与えた)と思っているのだろうか。

お守りの作り手か?

工場から納品された物体に神主さんやお坊さんが祈祷によってパワーを入れたのか?

天然石がもともと秘めているパワーか?

もちろん、製造過程もパワーの種類も強さも何もかも、お守りによってそれぞれ違うのは承知。

けれども、確かなことがひとつある。

お守りの持つパワー構成の中で最も多い割合を占めるのは自分が与えたパワーである

どういうことか。

それは、たとえば、交通安全のお札を縁結びのお札として持っていたとする(中身が入違っていたとか、勘違いしていたとかで)。このお守りがあるから、私は合コンで理想の相手と出逢えると信じて臨んだその結果、願い通りの恋人を得たら、このお守りのおかげとなる。

(偶然。たまたま。お守りを持たずにその合コンに参加しても出逢うべくして出逢う運命だった。などの議論はなし。本人がお守りのパワーを信じて引き寄せた現実であることを、否定できないのだから。)

つまり、縁結びのパワーを宿していないお守りに、縁結びのパワーを宿したのは本人である。『恋愛の縁を引き寄せるパワーがこのお守りにある』という信心思い込みが、そのパワーの正体だ。

心理学ではこれをプラシーボ効果といい、思い込みの力が実際に人間の身体に影響を与えることが立証されている。この思い込む力が、宇宙エネルギーにも影響を与え、コントロールすることが可能なのは不思議ではないだろう。

信心、思い込みのパワーはとてつもなく強い。特に、受容する能力が高ければ高いほど、信じるパワーのキャパシティも増えていく。

受容する能力とは、文字通り、受け入れて取り込むという意味だが、ここでは、心理学における変化や状況を理解する姿勢にとどまらず、理解できないものを理解できないまま取り入れることをいう。無条件で肯定する、といってもいい。

正義が勝つとは限らない、世の中にはどんなに頑張っても、どれだけの力を尽くしても、どうにもならないことがある反面、奇跡は起きる。自然法則に反する現象、科学的・理論的に不可能なことも起き得るのだ。

人間の理解し得ない力が存在することを受け入れる

人ではない何かのエナジー・パワーが人間に作用することを受け入れる

それが、受容する能力を強化する。

ひとつ補足を。

信心、つまり信じる心と思い込みを同列に記したのは、それらが紙一重だからではない。ケイオスマジックにおいて、信じる自分を演じることは信じることと同じ結果を生むからだ。

護符をただの紙切れと見なしていても、魔術としてそれを持つ際には、護符のパワーを信じる自分でなければならない。

ケイオスマジシャンは、自分が信じると決めたものを信じる。必要に応じて、である。

ポリシーなぞ不要。

機能する魔術を行うことが優先されるのだ。

※ この先(ここ以前もだが)にある『信じる』は、心から信じる or 信じる自分になるどちらをも含む前提で読んでくれ。

宇宙エネルギーを作用させるアイテム

さて、『人ではない何か』というと、宗教では神となるのかもしれないが、私個人の見解としては、これと決まった宗教に信心している日本人は多くない。仏教に則った葬儀や法事を行ったり、神社に詣でたり、教会や神前で挙式を行うなどしても、敬虔なクリスチャンやムスリムのように宗教が生活全般に関わる生き方はしていない者がほとんどに見受けられる。

それでいて、何か得体のしれないパワーを信じ、あるいは恐れる者は少なくない。特定の宗教を持たずとも、人間の叡智を超えた何か…神であり、天であり、宇宙であり、悪魔や天使である、見えない力をふるうことのできる存在…があることを、古より私たちは感じていたのだろう。

天変地異は帝(平安時代などの国のトップ)の執政の悪さが原因とされたり、飢饉や災害は地の神の怒りとされることもあったし、現代においても悪いことをすれば罰(バチ)が当たると言われたりする。

君にも覚えがないかな。

自分でも「ああ、よくないことをしたな」と思う行為をした後に、ちょっとした不運な出来事が起こったときに、「あのときの(悪いことをしたことの)バチがあたった」と思ったことが。

たとえば、いけ好かない人間を誹謗中傷する、ライバルを陥れる、嘘をついて仕事をさぼる、不倫をするなど。万引きや盗撮など犯罪の類は言うに及ばず、だ。

一言でいうならば、バチがあたると思うような行為は、罪悪感を伴う行為である。

(まあ、この場合、どんな悪事を働こうが罪悪感を感じない人間は、はなからバチがあたるという発想もないので除外する。)

では、この『バチをあてる』のはが? あるいは、が?

その答えが、人ではない何か…人の叡智を超えるパワーを持つ、得体のしれない存在であり、ここではそれを宇宙エネルギーと呼んでいる。

そして、タリスマン・アミュレットは、この宇宙エネルギーを作用させるアイテムである。

それ故に、タリスマン・アミュレットが魔術の技法の一種となるのだ。

(タリスマン・アミュレットを用いる魔術は、護符魔術とも呼ばれる。)

これは、具体的な望む現実をピンポイントかつダイレクトにオーダーするのではなく、継続的に、または、必要時に力を発揮する魔術といえる。

そのため、タリスマン・アミュレットを用いる魔術(護符魔術)においては、瞬発的な情動よりも持続する思考がカギとなる。

前に記したが、シジルや呪文の持つパワーは、それを信じる者によって付加され高められてきたもの。タリスマン・アミュレットにも、同じことがいえる。

長きにわたり伝えられてきたタリスマン・アミュレットに刻まれる文字・図形などは、これまでにそのタリスマン・アミュレットを作成・使用した人間の数および信心の分だけ、初期のものよりもパワーを増している。

そう思い、信じ、今また君や私がタリスマン・アミュレットを作り、そのパワーをアップさせるうちのひとりとなるのである。

宇宙エネルギーを作用させるアイテムであるタリスマン・アミュレット。そのパワーの初期値は、目的に合わせてそこに刻む文字・図形など必要な要素により決まる。

そして、君の作成したタリスマン・アミュレットのパワーは、君がそれを信じる度合いに応じて変わっていく。

そう。強力なタリスマン・アミュレットを作れるか否かは、君にかかっているのだ。

タリスマン・アミュレットのパワーの秘密

さて、『バチがあたる』の話を聞いて、君も気づいただろう。

宇宙エネルギー(神など別の呼び方も含め)の存在をまったく信じない者に、バチは当たらない。

なぜなら、悪いことをした罪悪感を解消するために、自分で自分を罰するために、自らの犯した罪に見合ったマイナス的出来事…罰を与えているからだ。

そう、自分の行いに対する処罰を、宇宙エネルギーにオーダーしているのである。

これは、思考の現実化のダークサイドでもある。

では、この逆、宇宙エネルギーを信じない者にバチは当たらないのであれば、タリスマン・アミュレットのパワーも作用しないのか?

YES だ。

そもそも、天の怒り(宇宙エネルギー)などあるわけがないと生きる者は、自分以外の目に見えない存在の力をあてにして生きてはいない。

だが、神さまのバチを恐れない所業を行う者の中にも、絶体絶命の状況下に置かれると神にすがる者はいる。図々しいにもほどがあるのだが、生き物の本能として、生命維持のためなら何でもするという精神構造になっているのだろう。

神の救いを求めた(宇宙エネルギーの恩恵を望んだ)瞬間、つまりは、護符魔術を行おうとするそのとき、宇宙エネルギーの存在を認めることとなり、タリスマン・アミュレットのパワーは作用し得る。(ただし、自分の悪行に対する罪悪感を自覚する覚悟も必要となるが。)

とはいえ、普段は宇宙エネルギーの存在を否定していながら、切羽詰まったときに咄嗟に肯定して得られるパワーは大きくない。

前項に記した通り制作者・使用者の信じる度合いによって、タリスマン・アミュレットのパワー値は変わるからだ。

タリスマン・アミュレットのパワーとは、自分の望む類の宇宙エネルギーを引き寄せる媒介としての質(性能)のことである。

すなわち、媒介であるタリスマン・アミュレットのパワーが増せば作用させられる宇宙エネルギーの量も増え、望みにふさわしい宇宙エネルギーを引き寄せる精度も高まり、反応速度も速まるといえる。

この質を向上させるには、制作者・使用者自身の信心が欠かせない。

有名なパワースポットで手に入れた護符のごとく、自分で作成したタリスマン・アミュレットにパワーがあると信じよう。

その思いに比例して、タリスマン・アミュレットの質はよくなり、パワーは強化されていく。

タリスマン・アミュレットは、シジルマジックや召喚魔術のような短期決戦型の魔術ではない。作成した後に、自らの手で育てていく長期型の魔術である。

タリスマン・アミュレットのパワー値を上げるには、まず、そのアイテムに宇宙エネルギーを媒介するパワーがあると信じること。

そして、実際にそのパワーを実感する経験を重ねることである。

タリスマン・アミュレットに力があると信じ込み、ちょっとでもその効果が現れたと思える事象が起きたら、タリスマン・アミュレットのおかげだと思い込むのだ。実際には関係なかろうが、ただの偶然だろうがかまわない。

たとえ幻想でも錯覚でもいい。タリスマン・アミュレットのパワーだと君が決めつける。

それを重ねていくうちに、始めは錯覚だったかもしれないそのパワーは、やがて本物になる。

真実、本物になるのだ。

その頃には、信じ込む必要も思い込む必要もない。

タリスマン・アミュレットが君の望む宇宙エネルギーを君に与えているという事実は、疑いようもない現実となっているのだから。

最後に

物事の善悪は、表に出ない部分(犯罪として成り立たない行為)に関しては、自らが決めている。その線引きは人により、状況により異なるものであり一概には言えないが、共通する最重要なことがある。

それは、

自分が悪と思う行為は悪である

ということだ。

忘れないでほしい。

魔術は悪ではない

悪い行為として魔術を行うのでなければ、

魔術は悪ではない

魔術を悪にしてはならない

魔術を行う君に、

バチではなく幸あれと願っている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※ このサイト内の情報は、サイト独自の見解であり、その正確性や確実性、および正当性を100%保障するものではありません。


ブログランキング