魔術のキャパシティ

capacity

『 魔術とは 』で言った通り、ここに記す魔術は実用のもの。

ただし、その作用の及ぶ範囲は限られる

他のすべてのスキルと同様、魔術にも不可能はある。

魔術は万能ではない。

それは、今現在の地球において、どんなに努力をしても、最先端技術を駆使しても、いくら大金を積んでも、そして、最高の幸運をもってしても不可能なことを、魔術で引き起こすことはできない。

たとえば、

背中に羽を生やして、自由に空を飛ぶ。

30年前の自分に戻る。

愛猫を人の姿に変える。

透明人間になる。

おもちゃの家を本物にして住む…など。

魔術は、常識の範疇を超えられる。

普通ならあり得ないラッキーハプニングを引き起こせる。

けれども、私たちの生きるこの3次元の世界で、物理的に不可能な事象を実現させることはできない。

別の言い方をすれば、自分が不可能だと思っていることは、魔術でも不可能だ。

そして、たいていの大人は、可能性が0の物事を真剣に望んだりはしない。

では、何ができるのか。

自分の力で容易く実現できることに、魔術は不要だ。

大してほしくはないものを、魔術で手に入れる必要はない。

魔術を使うのにもっとも適するのは、

自分の力だけでは難しいけれど、

魔術を使えば実現可能な望みである。

なぜなら、宇宙エネルギーがベストなタイミングで必要なイベントの発生を連鎖させ、望む結果を引き起こすから。

スポンサーリンク

具体的な例をあげると…

君は犬を飼いたいと望んでいる。ちっちゃなティーカッププードルで色はレッド。けれども、犬は嫌いだ、世話が面倒だと家族は猛反対。ペットショップに支払うお金もない。

この状況から、自分の力で望む結果(ほしい犬を飼う)を現実にするためには、

・家族を説得する

・犬を買うお金を工面する

これらが必要だ。不可能ではないが、難しい。

この望みの実現に魔術を使うと、

・家族が、犬の魅力を最大にアピールしているテレビ特集を見る。

・道の途中で思わぬアクシデントに見舞われそうになった家族が、犬のおかげで事なきを得る。

・犬嫌いだった家族が、一転犬好きになる。

・知人から、犬をもらってくれる家を探しているとの情報が舞い込む。

・君も家族も、犬を迎え入れることに賛成する。

・その犬は、色はレッドのティーカッププードルだ。

と、このような事象が起こり、望みは実現する。

これらは、魔術を行わずとも、起こる可能性はある。けれども、自分の力で引き起こせることではない。タイミングよく構成されたこれらのイベントを発生させ、君の望む結果を実現させたのは、

魔術によってオーダーを受けた宇宙エネルギーだ。

そう、今ある現実を自分の望む現実にシフトするスキルである魔術は、

君のほしいものを宇宙にオーダーすることができるのだ。

この、宇宙に注文するというコンセプトは、願望成就の方法として、ブログでも書籍でもたくさん紹介されている。その多くは、引き寄せの法則や思考の現実化と呼ばれ、実践者も多い。君も、一度はその理論を目にし、実践してみたことがあるのではないかな。

宇宙エネルギーで望みを実現する方法は、いろいろある。

好きな方法、自分に合った方法、信じられる方法、手軽にできる方法…何を基準に選んでもいい。もちろん、何も選ばなくてもいい。

でも、選ぶなら…

実際に機能する方法を、私はすすめる。それが、魔術だ。

そして、今。

君は魔術の実践に興味を持っている。

引き寄せの法則を知っていようがいまいが関係ない。

宇宙エネルギーが、どうやって個々の望みの実現に作用するのか、その仕組みを理論的に理解する必要はない。

魔術は機能する。

君がハッピーに生きるために役立つ、使えるスキルだ。使わなければもったいない。

そう思わないか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※ このサイト内の情報は、サイト独自の見解であり、その正確性や確実性、および正当性を100%保障するものではありません。


ブログランキング