シジルマジック~四元素のエナジーの付加~

四元素のエナジーをシジルに付加する

さて、君の望む現実に付加したい四元素は決まっただろうか。

ここでは、実際に四元素のエナジーをシジルに付加していく。

四元素のエナジーは、それぞれのシンボルをシジルに描くことで付加できる。

↓ 読んでいなければ、こちらを先に ↓

四元素のエナジー

今すぐできる!シジルマジック~基本のシジル~

その前に、思い出してほしい。

ケイオスマジックは、魔術師…君…の自由な選択・決定に依る部分が大きい魔術だ。

つまり、私の手引きする方法以外に君が「こうしよう」と思うものがあれば、

ぜひ、そうしよう

いろいろと実践していく中で、自分にとってより効果的・実用的な魔術のやり方が見えてくるだろう。

四元素のエナジーをシジルに描く方法を、4つ記す。

囲い円にシンボルを描く

まず、基本のシジルがある。

これは参考として私の望む現実のシジルだが、もちろん、君は君の望む現実のシジルを作成し、四元素のエナジーを付加するのだ。

(今回は、画像を見やすくするため、デジタルで描いてある。)

1.外側か内側にもうひとつ円を描く。二重の円で囲む感じだ。2つの円の間は1~2cmほど。四元素のシンボルが描ける幅があればいい。

2.シンボルを描く。ひとつなら上か下に。2つなら、上下か左右。3つなら、上を頂点にした正三角形のように。四元素すべてなら、上下・左右に描く。

このとき、記号の向きは常に枠を上に見て描く。

(下は例:A~Hの文字の場合)

こんな感じだ。下に描く文字・記号は上下が逆になる。

スポンサーリンク

●ひとつ

●2つ

●3つ

●四元素すべて(4つ)

シジルとともに描く

文字通り、円に囲まれたシジルとともにシンボルを描く。

●空いているスペースに描く。

●望みのシジルにくっつけてもOK。

●円の枠の中に描く場合と違い、四元素のシンボルもシジルと同じように扱うので、向きは気にしなくていい。(ナナメでも、上下逆でも、どこを上として描いてもかまわない)

好きに描こう。

望む現実のシジルの一部にする

これは、望む現実のシジルを作成する際に、あらかじめ四元素のシンボルを含めて描いてもいい。

今回は、後からシジルに描いた場合だ。

ピンクでマルした部分。地と火。

これも、好きに描こう。

スポンサーリンク

四元素のシンボルを組み合わせて描く

四元素のシンボルを組み合わせる…これも、シジルといえる。

望みのシジルに、四元素のシジルを加える感じだ。

●火と水のシンボルは、組み合わせると六芒星になる。

●地と火でつくったシジル

これもまた、好きに描こう。

これで、四元素のエナジーはシジルに付加された。

記号を描いただけ?

そう。それだけである。

目に見えるのはそれだけだが、四元素のエナジーは付加されている。

なぜなら、

君は、君の望む現実のシジルに四元素のエナジーを付加するために、シンボルを描いたから。

四元素のエナジーが付加されたことを、君が知っているからである。

さあ、シジルを発動しよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※ このサイト内の情報は、サイト独自の見解であり、その正確性や確実性、および正当性を100%保障するものではありません。


ブログランキング