シジルの作成~基本のシジル~(別記:参考用画像2)

今すぐできる!シジルマジック~基本のシジル~

ステップ3:望む現実の文字を用いてシジルを作成するの参考用画像その2として、シジルを描く過程のみ記す。

(前回のシジルより描く過程で行うことを客観的に記すので、より参考になれば幸いだ。)

前回のシジル↓

シジルの作成~基本のシジル~(別記:参考用画像)

今回のシジルは、後にマジカルスクエアを使ったシジルと合わせる予定のため、若干シンプルめに描いた。もちろん、単独での使用、他の要素との組み合わせも可能である。)

慣れないうちはうまく描けないこともあるだろうが、気負わずにシジルを作成しよう。

シジルマジックを始め、どの技法の魔術も、それを行うことで精度が増してくるものである。

それは、マジシャンとして宇宙エネルギーとのつながりを強化し、望む現実を生きることへの鍛錬となる。

では、始めよう。

1.望む現実を表す文字列をまとめて描く。

今回、私がシジルにする文字列…

今すぐできる!シジルマジック~基本のシジル~

の「ステップ2:望む現実の文を文字にする」で残った文字列…は、

ATSHIDOUKRMNBJ

だ。まずは、これをアルファベットのまま描く。

●文字同士をつなげるように。

●共有できる線は共有したほうがゴチャゴチャしない。

それぞれの文字はこんな感じ。

2.線を減らしたり、つなげたりして整える。

3.直線・曲線の大きさを変えたり、位置を変えたり。

4.ま、気に入らないときもある。

5.気に入らなければ、線を足したり消したり移動したり…いろいろ試してみる。

6.描いている用紙の向きを変えるのも有効。もはやもとの文字は何か・どこかわからない。それが、目指すべきところだ。

7.なんとなく、これいいんじゃない?というところで終えてOK。

芸術的な優良さは不要である。

8.円で囲む。後で二重円にするかもしれないが、とりあえず一重で。

線の先っぽに○を描くのもよし。

最終的な手直しがあればやり、完了!

…かわいらしいシジルになったな。まぁ、これはこれでいい。

望む現実を描いたものであること。

それこそが重要だ。

望む現実の映像化…といっても、目で見て頭で理解する絵ではない。

シジルは、君の潜在意識と宇宙エネルギー間のコミュニケーションの目で見える形である。

君が、君の望む現実を考え、思いながら描いたシジルを、宇宙エネルギーは理解できるのだ。

さあ、描こう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※ このサイト内の情報は、サイト独自の見解であり、その正確性や確実性、および正当性を100%保障するものではありません。


ブログランキング